自分が作ったHip-Hopのトラックを売るということ

f:id:snowdrop_music:20160617101433j:plain

こんにちは。オールラウンダー系作曲家のSnowdropです。
今回は、ヒップホップのトラック販売について書きたいと思います。

さて、トラックの販売方法には大きく分けて2種類あると思います。

まず一つ目は、自分でHip-HopのMCさんを探す方法です。実際の現場のつながりであったり、またはネット上でラッパーさんとつながってトラック制作を依頼される流れですね。メリットは、人間関係が反映されるので、ある程度お互いが信用して依頼する・されやすいこと、またトラック提供の実績になること。デメリットは、一からつながりを作るのが難しいことでしょうか。

もう一つは、業者が運営しているトラック販売サイトに販売を委託するという方法です。国内では「オケプール」、海外だと「RocBattle.com」や「BeatStars」というサイトが比較的有名でしょうか。メリットは、手軽にトラックを売り出すことができること、デメリットは、特に海外サイトはトラックメーカーの数が多く競争が激しいことです。

okepool.com

www.rocbattle.com

www.beatstars.com

個人的には、実際にMCさんからトラック制作を受注することを目標としつつ、軌道に乗るまでは後者のトラック販売サイトも活用するのが良いと思います。

Snowdropでした。