ポップスのアレンジ(編曲)とヒップホップのトラックメイクはここが違う!

f:id:snowdrop_music:20160804203941p:plain

こんにちは。オールラウンダー系作曲家のSnowdropです。
今回は、トラックメイカー目線から見た、ポップスとヒップホップの違いについてお話してみたいと思います。

結論から言うと、
「ポップスのアレンジは線と線で曲を作る、ヒップホップのトラックメイクは点と点で曲を作る」
です。

百聞は一見にしかず、ということでまずは次の曲をお聞きください。

でんぱ組.incの「あした地球がこなごなになっても」です。個人的にアイドルソング屈指の曲だと思っていますが、それは置いておいて…

曲の構成は少しひねってありますが、楽器編成は定番の、ドラム、ベース、エレキギター、ボーカル、それにアイドルソングらしくシンセも多めですね。これらの楽器が、増えたり減ったりしながらアウトロ(=エンディング)に向かうわけです。

そして楽器パートは、”ベースライン”や”メロディーライン”という言葉に表されるように、基本的にフレーズで演奏されるので、楽曲に安定感がもたらされるわけですね。

ちなみに、「あした地球がこなごなになっても」というテーマを表現するため、ギターリフは妙に焦燥感のあるものになっています。興味のある方は是非イントロから聞いてみてください!

続いて、今年海外でめちゃくちゃ流行ったヒップホップの曲を。

Desiignerの「Panda」です。ジャンル的にはトレンドにもなっているTrap(トラップ)ですね。

ベースラインどこいった、ですね(汗) かろうじてシンセベルっぽい音はフレーズで流れていますが、ドラムを含めてパターンを捉えるのが非常に難しい。つまり散発的に音が配置されている、といえます。ちなみに個人的にですが、このように単発音を多用して音楽として聞かせるのはかなり難しいです。音の隙間が多く、スカスカになってしまうんですよね。

さて、この太字で書いた、フレーズかそうでないか、が、はじめに結論として述べた「ポップスのアレンジは線と線で曲を作る、ヒップホップのトラックメイクは点と点で曲を作る」ということになります。

国内で言うと、トラックメイカーのSeihoさんなどは、Seiho名義では後者のヒップホップ的手法をメインに、Avec AvecさんらとのユニットSugar’s Campaign名義では前者のポップス的な要素も入れながら曲を作っていると思います。


さて、2つの音楽ジャンルについて作曲面から見てきましたがいかがだったでしょうか?
次回もお楽しみに!Snowdropでした。