【Native Instruments】生ドラムとエレクトロニックドラムの融合!DRUMLAB【Komplete11レビュー】

こんにちは。トラックメイカーのSNOWDROPです。

今回は、Komplete11のすべてのエディション(Select、無印、Ultimate)に収録されているドラム音源「DRUMLAB」を紹介します。

公式サイト:
https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/drums/drumlab/

DRUMLABについて

アコースティックな音色とエレクトロ系の音色をレイヤーして使えるのが特徴のドラム音源。Kontakt(Player)上で動きます。

例えば上の図では、「ACRID SNARE」という生ドラム系のサンプルと、「NASTY LAYER」というエレクトロなサンプルを混ぜています。この混ぜ具合を、キック、スネア、ハット、タムごとに調整できるのが一番のポイントでしょうか。

実際の雰囲気はこちらをご覧ください。

レビュー

Komplete Selectにも含まれるため持っている方も多そうですがあまり評判を聞かないドラム音源。個人的はもっと使う人が増えてもいいのでは、という気がしています。

普通、複数の音色をレイヤーするときは、DAW側でインストゥルメント・トラックを複数立ち上げたりMIDIノートを2つ同時に配置したりする必要があるのですが、このDRUMLABなら、音源側でサンプルをレイヤーできるため、初心者にもわかりやすい設計となっています。

音の傾向は、現代的で、ある意味変わった感じのサウンドが多いです。パーツごとにEQ、コンプ、トランジェントなども操作できますが、アコースティック寄りの音作りは苦手ですね。

演奏パターンも非常に多く(900種類!)入っていて、簡単にDAW側にドラッグ&ドロップできるのも嬉しいポイント。「Tightness」や「Swing」というパラメータでグルーブ感も調整できます。

まとめ

手軽にレイヤーサウンドを得られるドラム音源。内蔵MIDIパターンも多くていいですね。

ソフト自体も機能的に優れているので、自前のサンプルを読み込んでサンプラーとしても使えたらさらに画期的だったと思います。

SNOWDROPでした!

 

作成日:2017年4月4日
文責:SNOWDROP

SOCIALMEDIA
Twitter : @snowdrop_music
SoundCloud:https://soundcloud.com/snowdrop_jpn